ネット話系エッセイ-28

ネット上で人の心に波風を立てる主な要因 その私見

2005年?月?日執筆 2006年4月1日加筆修正


矛盾

他人に要求したことが、自分ではできていない

要求はしばしば攻撃と受け取られ、攻撃(意図的に波風を立てること)に対する嫌悪が素地にある
要求できる人間は(社会的、精神的のいずれか、またはどちらにおいても)強者であり、強者に対する嫉妬または嫌悪が存在する

約束を守れなかった

破られた側(楽しみにしていた側)の方が痛みは大きい

批判

潔癖すぎる批判

高レベルのものを要求するなら、それなりの代価を支払うべきという考え方

対象を嘲笑

判官贔屓

攻撃と防御では、一般的な感覚から攻撃側の方が有利に見える
誰かを攻撃した記憶(こちらは集団対個人の集団側に入りやすい)より、誰かに攻撃されたという記憶(集団対個人の、個人側になりやすい)の方がはっきりと残る。攻撃された場合に感じるのは“痛み”であり、発散できる機会の多い怒りよりもダメージが残りやすい。

倫理

犯罪行為、それに準ずる行為の公表

ルールの厳格な適用

いつかその矛先が自分に向けられるのではないか。自分の居場所を住みにくくしてしまうのではないか。
融通が利かない人間への一般的な苦手意識、先入観

比較

あるもの(A)の感想を述べるとき、Aとは直接的には関係のないBを持ち出し、Bを貶めることでAを誉める

贔屓

ポータルサイトの情報の発信者は中立であるべきという考え方
一方的な意見を主張することへの反発
もう片方の支援者も必ずいる

内輪の人間だけを誉めることへの反発

分析

人間を枠に入れようとすることに傲慢さを感じる

主張

自分の弱点をさらけ出し、自分を頂点としたコミュニティを形成

誰もがそういった弱みを見せられるとは限らない
同情を広く集められる人間は、もともと弱点など見せなくても仲間を集められる立場にいることが多い

強者の立場による主張

閲覧者の情報の公開
賛同者を集めての攻撃

ローカルルールの強要

そのルールが世に広まることへの不安、疑問
情報発信者が定めたローカルルールをネットの常識としてしまうと、情報発信者が極端に有利な世界になる
もし、その発信者が特定の対象に悪意を持ち、その悪意をばらまくような人間であっても、閲覧者はルールに縛られてなにもできないということになる

自慢

そのことへの嫉妬
ネットで立場の違いを明確にされることへの嫌悪

指摘

書かれている内容に同意、賛同できないが、他の閲覧者は同意、賛同している

自分と同じ意見を持つ人間に呼びかけたい、自分一人の意見ではないことを確認したい

金銭

金銭、それに準ずるものを要求する

市井の表現者は金銭に固執せず、作品にのみ情熱を傾けるべき、またはそうあってほしいという希望、期待
自分は無料コンテンツを有料化するための材料になった(利用されてしまった)のではという懐疑
お金をもらう人の方が自分より上に立ってしまうのでは(所持する財産に格差が生じる)という印象。
クレジットカードを使うならば、年齢層が限定される
疎外されたことに対する嫌悪
金銭を要求することに傲慢さを感じる

匿名・実名

実体が見えないものに取り囲まれると、しばしば相手の存在が大きく見える

愛情

忠告

運営者に自分を重ね合わせ、失敗した自分(運営者)の姿を見たくない、だからやめてほしいという感情

反応してほしい

思い入れ

運営者と閲覧者が同じ方向を向いているとは限らない

変化がないことへの苛立ち

疎外

仲間はずれにされたことに対する不満、怒り

他の人はこんなエッセイを読んでいます

↑このページの一番上へ

ホーム > エッセイ全集