メールフレンド 第94回

Subject: ありがとう
  Date: Tue, 5 Dec 2000 03:12:53 +0900
  From: "鈴木 冬也" <AYGH12563@bubble.ne.jp>
   To: "Jiro様" <izawaji@mb.cyber.ne.jp>


 こんばんは。お返事ありがとうございました。
 覚悟はしていたことだけど、JIROのメールを読んでショック
でした。三人目の犠牲者が山に埋められている……確かにそう
読めますよね……。
 警察と連絡を取り合っていますが、彼らはなにも教えてくれ
ません。聞いてくるだけです。いったいどこまで捜査が進んで
いるのか不安です。いや、本気で捜査しているのかどうかもわ
からない。パックの死とメーリングリストのメールは関連があ
りそうだけど、それだけを追っていくことは出来ないというこ
とを言っていました。
 聞いた所によると、メールで殺人を予告して、それを実行に
移した人は何人かいるようです。でも、3人も連続してという
のは過去に例がない。過去に例がないことはなかなか本気で追
いづらいみたいです。勿論、インターネットを理解している何
人かの刑事たちがきちんと調べていてくれているでしょうけど
……。

 実は、日曜日、パックの実家へ行きました。新聞に出ていた
パックの家の住所を頼りに、調べてみたんです。実家も長野に
ありました。長野駅から善光寺の方へ歩いて、そこからまた1
キロほどいったところです。旧家のような感じで、とても大き
かったです。
 何度も上がって線香を上げようと思ったけど、無理でした。
なんか、足が前に出なかった。もし、家の誰かが声を掛けてく
れたら入れたかもしれないけど、でも、そういうことになった
ら逃げたかもしれません。
 パックの遺影を見たら、今起きていることが現実だと再認識
することになる。それが怖かったんだと思います。もしそうな
ったら、僕は自分が殺される可能性があるということも認めな
くちゃいけない……。

 ……なんか、こんな時間にメールを書いてすいません。メー
ルだから時間は関係ないですけど……。起きて何かをしてない
と不安で仕方がないんです。
 それではおやすみなさい。


                    ★☆★☆★☆★
                      とーや

                      YOKOHAMA
                    ★☆★☆★☆★

目次へ戻る

ホームへ戻る