メールフレンド 第210回

Subject: いや
  Date: Sat, 16 Dec 2000 02:01:13 +0900
  From: "yyyyyyyyyy" <yyyyyyyyyy@e-mail.com>
   To: "めぐ" <m-megu@planet.thi.ne.jp>


俺は轟じゃないですよ。
あいつは本当に死にました。俺はあいつの亡骸を見たんですよ。
あんたたちは、実際に顔を合わせたことがないんですよね。殺されたなんていうメールを受け取ったり、そういう記事を読んだとしても大して実感出来ないでしょうね。
事件の後、花が置いてある現場の近くで近所のガキが興奮して悲鳴を上げながら走り回っていました。花を蹴ったりして。奴らの母親がたしなめていましたが、小声で話していたのを聞きました。「気持ち悪いね」って。
葬式の時は俺もどこか信じられない部分がありましたよ。耳に入る言葉も、残念だとか悲しいとか綺麗な言葉ばかりでした。でも、赤の他人が、轟が殺された現場を見て「気持ち悪い」と言った時、俺は思ったんです。あいつは本当に殺されたんだなって。
あいつは寡黙でとっつきにくい部分もありましたが、あんたが言うようにいい奴でした。もし事件がなければ、平穏無事な人生を送っていただろうと思います。それが、今回の事件によって、晒し上げられた。あいつと会ったことも話したこともない人間の、でたらめな解説と憶測と一緒に、あいつの名前は永遠に刻まれるんですよ。ネットでのトラブルで殺された人間として。
あんたにメールを送ったのが誰なのかはわからない。もし轟が生きていたら、あんたを助けたのかもしれませんけど。

目次へ戻る

ホームへ戻る