2010-5-23 Sunday

Twitterで、sexとか普遍的なIDを持つユーザはなにを呟いているのか見ていく

 昔、ドメインが高額で売買されているというニュースを見たことがある。今、ちょっと調べてみたら「porn.com」というドメインは当時のレートで10億円で売買されたという。

「Porn.com」というドメインが900万ドルで買収される

 こういう、括りが大きい普遍的なドメインは誰でもすぐに名前を覚えられるから価値があるのだろう。
 ではTwitterのIDはどうだろうか。ウェブサービスの根幹を担うドメインとは単純に比較できないが、世界的なサービスで普遍的な単語のIDは人気がありそうだ。たとえば、なにかの会合でTwitterのIDを聞かれて「sex」と即答する人がいたら、英和辞書を買ったばかりの中学生でなくても大きなインパクトを受けるはずだ。売買は無理なのでその辺の話はできないが、こういった普遍的なIDを持つ人はどういう人でなにをツイートしているのか若干興味があるので調べてみた。

 @sexさん

 

 まず、なにはともあれのsexさんだが、正直、なんだかよくわからない。現在地にBerlinとあるからドイツの人か。一つのツイートにいくつものハッシュタグと『ac’tivAid』というソフトについて書かれたページの短縮URLを貼っている。ポルノとはまったく関係なさそうだ。
 Webに書かれたアドレスにアクセスしてみると、トップページにたくさんの画像が貼りつけられている。どれもアートっぽいのでデザイン関係の人なのかも。

 @1さん

 

 実は……というか、私も今回のぬるい調査で知ったのだがTwitterのIDは一文字から取得できる。なので1というものすごくわかりやすいIDを持つ人も存在した。
 ツイートの内容は身の回りであった出来事の感想などが英語が書かれており、自己紹介の内容が曖昧でサイトへのリンクなどがないので詳細は不明だが一般人のようだ。ただ1というIDについては当人も意識しているようで、アイコンがもろにそうである。

 @aさん

 

 アルファベットの一文字ということでaさんだが、analogという会社の創立者の一人でサンフランシスコ在住とのこと。aを選んだのはanalogのaだからだろうか。自己紹介に「Russian」とあって、名前もロシア系っぽいのでロシアの人なのかも。
 ちなみにアルファベット一文字IDは26すべて存在している。名前の頭文字であるケースが多く、目を惹くIDの中では一番使いやすいのではないだろうか。なお、英数字以外の一文字IDの持ち主として@_(アンダーバー)さんがいる。

 @emperorさん

 

 短い名前の後はスケール感のある名前を探してみた。皇帝である。日本でエンペラーといってもあまりすごいというイメージはないが、世界的な場所で自分を皇帝と称するのはそれなりの自己顕示欲が必要だろう。
 で、emperorさんなのだがアイコンはなんだか顔色の悪いおじいさんだった。どこかで見たことあるなと思いながらしばらく眺めていて、『スター・ウォーズ』に出てきた皇帝(ダース・ベイダーの上司)だと気づいた。誰かが彼になりきってツイートしている模様。Webにはスター・ウォーズの公式サイトのアドレスが書かれているが、このアカウントも公式のものなのかはよくわからない。

 @godさん

 

 皇帝を上回るスケール感を持つIDとしてgodを検索。自分を神と称するのは皇帝以上の自己顕示欲が必要だと思ったが、emperor同様、一般個人ではなく神そのものがツイートしていた。現在地にはheavenとある。アイコンの後ろ姿も神様っぽい。
 ところがWebに書かれているアドレスには明らかに特定個人と思われる人の名前が入っている。アクセスしてみるとRichard Dawkinsという人のサイトだった。不勉強なので知らなかったが、彼はリチャード・ドーキンスという動物行動学者でかなり有名な人のようだ。ウィキペディア日本語版の彼の項目にははてなブックマークが14も付いている。
 なぜ学者の彼が神なのか。彼は無神論者で『神は妄想である』であるという本を出しているらしい。ようするに神様なんていないと思っている人が神を名乗るという風刺なんだろう。ただ、このアカウントをリチャード・ドーキンス本人が作ってツイートしているのかはよくわからなかった。
 ちなみにやはりというのか@satanさんも存在している。現在地はもちろんhellだ。

 @japanさん

 

 更にスケール感に注目し、国家を自称するID、japanさんを探してみた。
 首相がTwitterを使っている現在、もしかして外務省辺りが所有して海外向けの情報をツイートしているのかと思ったが、ツイート数は0。しかもWebに書かれているアドレスはスペインのドメインになっている。アクセスしてみたがやはりスペイン語のサイトだった。翻訳してみるとSEOがどうとかこうとかあるので、スペインのウェブ関連の会社が開設したということなんだろうか。でもなんのために? もしかしてこの会社が他の国のIDも持っているのかと思っていくつか探してみたがそういうわけでもなく。謎だ。

 @earthさん

 

 国家の後は星に注目した。地球である。
 自然保護団体が持っているのではと予測したが、出てきたのは地球そのものだった。誰かが地球になりきって呟いているらしい。Webにはウィキペディアの地球の項目へのアドレスが書かれている。
 ちょっと感動したのはフォロー先で、金星とか土星とか木星とか太陽系内の星になっている。このこだわりが嬉しい。全部見たわけではないが、おそらく地球アカウントのようにそれぞれが星そのものなのだろう。

 とまあ、こんなところなのであるが、実際はもっと多くのIDを探した。たとえばsexだけではなく、淫語物AVに出てくるような言葉は片っ端から検索してみたが、どれもこれもID自体は存在しているものの、ほとんど放置されていた。また、職業(専門職)の名前、特定の地位などでも同様だった。多分、Twitterはドメインと違ってIDを所有している人間の個との結びつきが強すぎ、インパクトはあるが卑猥な言葉だったり括りが大きすぎると使いづらいのだろう。

posted by kudok @   | Permalink

>> 次の記事 2002年日韓ワールドカップ準々決勝『イングランド対ブラジル戦』後、新幹線車内であった話
<< 前の記事

関連記事

  • ありません

19 queries. 0.044 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

▲このページの先頭へ戻る