身の回りの出来事系エッセイ-24 勧誘電話 2

1997年12月16日執筆


 勧誘電話。それは大抵むかつく。顔を合わせないからだろうが、向こうは言いたい放題だ。実際、面と向かって話したら、電話で言っていることの10分の1も言えないだろう。

 さて実例として、最初に『マルチ商法勧誘電話』を挙げよう。
 これは高校の人間から、私が20歳ぐらいの時にかかってきたのだが、友達でもないのに妙に馴れ馴れしい態度で私をむかつかせた。後で確認したところ、彼は理系進学クラスに在籍していたことが判明。そして、高校の同級生のみんなで飲んだとき、同学年全員の家に電話しているという事実も確認。ほんと、暇な奴だ。

 トゥルルルルル トゥルルルルル……


「はい、工藤ですけど」
マルチ
「あ、小林(仮名)です!」

「小林?」
マルチ
「小林ですよ! 覚えてますか!?」

「え、誰?」
マルチ
「高校の時、隣のクラスだったんですけど、覚えてないかな?」

「隣のクラス?」←ちなみに私はC組である
マルチ
「廊下とかで会った記憶もあるんですけどね」

「俺は全然覚えてないね。……それでなんか用?」
マルチ
「今度、喫茶店でコーヒー飲みに行きませんか?」

「誰と?」
マルチ
「僕と」

「なんで?」
マルチ
「お話ししたいことがあるんです」

「俺は多分、君と話すことはないと思うよ」
マルチ
「まあ、そう言わないで。明日なんかどうです?」

「明日って?」
マルチ
「喫茶店に行くの。凄い美味しいんですよ、コーヒー」

「一人で飲んだら」
マルチ
「コーヒー嫌いですか(笑)?」

「好きだよ」
マルチ
「何が好きですか?」

ネスカフェとか
マルチ
「ははは、ネスカフェよりも美味しいコーヒーを飲ませてあげますよ」

「男と飲んでも美味しくないね」
マルチ
「じゃあ、女の子連れていきます!」

「連れてきてどうすんの?」
マルチ
「一緒にコーヒー飲むんですよ」

「へぇ」
マルチ
「……なんでそんなに態度が冷たいんですか?(笑)」

 ここまでは面白いから付き合っていたのだが、いい加減めんどくさくなってきたので、私はとっておきの一言を云った。実は彼から電話がかかってくる以前に、高校の友人から『変な奴から、マルチ商法の勧誘の電話がかかってくるだろうから、気をつけるように』という連絡網が回ってきていたのである。


「だって君、マルチ商法の勧誘してんだろ?」
マルチ
「え……あ……えっと……」

「有名だよ、結構」
マルチ
「……一緒にやる気はないですか?」

「全然ないね」
マルチ
「……あ、はい……わかりました。それじゃ……」

 ツーツーツーツーツー……

 それから、幸いにしてマルチ商法の勧誘はない。友人から、「おまえだったら、相手を正論でやり込めて笑いモノに出来るだろうから、向こうの誘いにわざと乗ってちょっとこらしめてくれ」とよく言われるのだが、実際その場に行ったらどうなるかわからないので、一切関わらないようにしている。
そして次の迷惑勧誘電話は、前と同じく、20歳ぐらいの時にかかってきた、英会話とワープロの教材セットの勧誘電話である。

 トゥルルルルル トゥルルルルル……


「はい、もしもし工藤ですけど」

「あ、わたし、伊藤(仮名)と申しますけど圭さんいらっしゃいますか?」

「僕ですけど」

「あ、圭さんですか?」

「はあ」

「圭さんは、英会話とかワープロとかに興味はおありですか?」

「特にないですね」

「でも、英会話は海外旅行に行くときには絶対必要ですし、ワープロの技術も社会人になったら絶対必要な技能ですよ」

「あ、でも僕、ワープロも出来るし、英語も出来るんで(と言っても英検3級(笑))」 

「その能力をもっと高めようとは思いませんか?」

「いや、特に思いませんね」

「あー、そうですか……。実はこのたび、英会話とワープロの教材のご案内をするためにお電話差し上げたんですけども」

「はあ」

「これからわたしとお会いしませんか?」

「え?」

「喫茶店でお食事でもしながらお話したいんですけど」

「いやー、別に話すことないし」

「そんなことないですよ(笑)。ね、お話しましょう」

「いやー、結構です、すいません」

 普通の勧誘電話だったら、ここで素直に切るところだろうが、この女はもの凄いことを言った。


「え、どうして!? 女の人と話せるチャンスなんですよ!?」

 これはどういうところから出てくる発言なのだろうか。多分、高校の名簿を見て電話してるんだろうが(私の出身高校は男子校)、それにしてもこの女、凄い自信だ。


「はぁ?」

「このチャンスを逃すと後悔されますよ」

「別にしないと思いますけど」

「ほんとにわたしと会わなくていいんですか?」

「別に構いません」

「一緒に食事出来るんですよ!?」

「いや、別に出来なくていいし」

「後悔すると思うんですけど」

「いや、しないと思いますよ」

「私の顔、知らないじゃないですか」

「いや、あなたの話を聞いているとだいたいわかります。それじゃさようなら」

 ツーツーツーツーツー……

 多分女子大生のバイトかなんかだろうが、よくここまで言うと感心する。恐らく、会うにしたって本人は来ないで男が2人ぐらい来るんだろう。実際問題、こんなバイトやって恥ずかしくないんだろうか? 金のためとは言え、ここまで落ちぶれたくないものである。

目次へ

▲このページの先頭へ戻る