仕事が充実しているから

女性 ネガティブ 脈なし度 70%

 恋愛のことは考えられない、と続く。NHKの、女性が男社会に入ってめきめきと頭角を現しながら、一方で、そういう状況に置かれた難しさを知るというような定番朝ドラ(ほとんど見てないが)のヒロインが、告白をかわすために使っているような気がする。
 仕事うんぬんではなく、ただ単に、あなた程度の男と深く付き合っている暇はないという断り文句と言える。

《用例》

女「(メールで)山崎さんのメール、何度も読みました。そしてたくさん考えました。わたしは山崎さんの人柄がとても好きだし、一緒にいて安心出来ます。もしお付き合いしたら幸せにしてくれるだろうと思いました。でも、今、わたしは仕事がとても充実していて、毎日毎日仕事のことばかり考えています。きっと、山崎さんとお付き合いしても、二人で会って遊びに行ってということが出来ないと思います。やっぱり、それは寂しいです。だから、ごめんなさい。わたしは山崎さんとお付き合いすることは出来ません。本当に本当にごめんなさい。でも、山崎さんの気持ち、本当に嬉しかったです」

目次へ

▲このページの先頭へ戻る