シモネタ系エッセイ-6 もしも、加藤鷹が電車の運転士になったら

1999年7月26日執筆(現在調査中)


車掌「しゅっぱぁ~つ しんっこぉ~」

 ピィィィィィ(笛)

 プシュゥッ(扉が閉まった)

加藤鷹「ねぇ、イッていいの!? ねぇ、イッていい? イッていい? 一緒にイクよ、ねぇ、イキそう? あああああああ、ねぇ、イッちゃうよ、ねぇ、あああああああああああ、イクよ、ねぇ、イッていい、ねぇ、ねぇ、ねぇ、あああああああ、イク、あああああああ、イク、イク、イク、あああああああ、イッちゃうよ、ねぇ、イッちゃうよ、あああああああああああああああああ、あああああああああああ、ああああああああああああ、あああああああああああああああああああああ、あっ!?(電車ようやく発進) ……ああ……あっ……ハァハァハァハァ……イッちゃった」

 翌日、彼はクビになった。

 -完-

目次へ

▲このページの先頭へ戻る