ネット話系エッセイ-11 では

1999年6月14日執筆


 某知人女性(友人ではない)と年に数回メール交換をする中で、ほぼ毎回むかっとすることがある。
 タイトルが常に「RE:○○○○○←私がつけたタイトル」という形なのも、むかむかすることの一つなのだが、一番こみ上げてくるのは文章が「では」で締められていることだ。
「では」という言葉が持つ、独特の距離感と壁、そして冷酷性。よくあそこまで使えるものだと感心する。

 例えば、彼女を食事に誘ったとしよう。
 メールを使って誘っているので、彼女からの返事もメールで来る。

Subject:RE:今度食事にでも一緒に行かない?

 こんにちは。

 ごめんねー、最近忙しくてご飯食べに行けないよ。なんかさー、肉体的にはそうでもないんだけど、精神的に参ってて駄目なの。本当にごめんね。

 では。

 一カ月後、水族館に誘ったとしよう。

Subject:RE:江ノ島水族館のラッコ

 こんにちは。

 あたし、水族館ってあんまり興味ないんだよね。せっかく誘ってくれたのに、こんなこと言うの申し訳ないんだけど……。
 どっちかと言うと、植物園の方が好き。植物って見ていると、心がなごむから。

 では。

 続いて植物園に誘ったとしよう。

Subject:RE:江ノ島に植物園があるんだけど……

 こんにちは。

 ごめん、その日って飲み会だぁ。なんかさ、あたしはあんまり行きたくないんだけど、友達が一緒に行こうってうるさいから、仕方なく行くことにしたの。
 あたし、疲れているのに誘うなって感じだよね。ほんと。

 では。

 この後、性懲りもなく動物園に誘ったとしよう。

Subject:RE:横浜に新しく出来た動物園

 こんにちは。

 その動物園って聞いたことある! 雑誌に載ってたよ。でもさー、なんかあんまり動物とか見れないんだって。つまんなくない?
 それに、その日って残業っぽいんだ。まあ、まだわかんないけどさ。とりあえず、約束は出来ないっていうことで。

 では。

 現実的に、ここまでしつこく誘うことはないが、ノリとしては大体こんな感じである。夜、客が自分だけのラーメン屋さんでラーメンを食べて、お金を払って店を出たと同時にシャッターを閉められた時のような、(俺って、そういう存在だった?)という印象を十二分に与えてくれる。
 向こうも多分、意図的に与えているんだろう。

 ただ、こんなことでむかついている自分も情けないので、これからはもう少し大きな心で「では」を受け止めていきたいと思う。

目次へ

▲このページの先頭へ戻る