ネット話系エッセイ-6 哀愁文体

1998年8月25日執筆


 ZEROの法則やエッセイの参考にしようと、恋愛ネタ系ページをさまよっていると、「女性がネットで会った(または見た)男を批判しているページ」に遭遇することがよくある。
 例えば、メールフレンドを募集しているのに、会うことを目的にしているメールを送ってくる男(例・このメールがきっかけでWITH LOVE出来たらいいですね(*^^*))だとか、妙にはじけた文体で送ってくる男(例・ばっぴょ~ん! オイラは東京生まれの東京育ち、ネットでの名前はポールって言いますぅ)、最初から馴れ馴れしい男(例・メールフレンド募集の掲示見たよ。*子はスキーとかやる? 俺は結構得意だよ。そんなわけで、今度、一緒に行けたらいいよな)など、読んでいると(あー、これじゃ批判したくなるのも無理はないな)と思うのだが、不思議なことに、「ネットで会った(または見た)女を批判しているページ」というのはあまりない。あるとしたら、ページに自分の顔写真をわんさか載せているネットアイドル志望者に対しての誹謗・中傷ぐらいだろうか。

 しかし、男から見て(ちょっとなぁ……)と思うような文章を書く女性が、ネット上にいるのは、紛れもない事実だ。
 私が今一番気になっているのは、「。」「・」を多用し、文章に哀愁を漂わせる女性である。
 例えば、

皆さん、こんばんは!
今日はとってもいいお天気でしたね。わたしは晴れている日、よく友達を誘ってドライブに行くんです。
そんなわけで、箱根へ行って来ました。

 という文章があったとしよう。これはこれで別に問題ないのだが、これに「。」と「・」をたくさん付けて、哀愁を漂わせる女性が結構いる。

皆さん、こんばんは。。。
今日はとってもいいお天気でしたね・・・。わたしは晴れている日、よく友達を誘ってドライブに行くんです。。。
そんなわけで、箱根へ行って来ました。。

 いかがだろうか。あんなに元気のよかった文章が、突然寂しくなり、(よほどつまらないドライブだったんだろうな)と読んでいて暗くなってくる。
 これを日記で繰り出している分にはまだいいのだが、掲示板のレスでやられると、こうなってしまう。

掲示板への書き込み

**さん、こんにちは(^-^)
とっても綺麗なホームページですね! 思わずブックマークしちゃいました。
**さんは北海道の方なんですね。実は僕も昔、北海道に住んでいたことがあるんですよ。友達とかも結構いて、年に一度は帰っています。
それではこれからも、更新の方、頑張って下さいね!

 この書き込み自体はまったく問題がない。文章は明朗で読んでいて楽しいし、私がオーナーだったら嬉々としてレスをつけるだろう。ところが、この文章のレスを「。」「・」多用女性がつけると、急に場は暗くなる。

哀愁文体を使用する女性のレス

**さん、書き込みありがとう。。。
北海道に住んでいらっしゃったんですか・・・私は札幌に住んでます。。
お友達とどこかですれ違っているかも。。
応援ありがとう。。。
それでは・・・

 こんな、怖い話をこれからします、みたいなリズムのレスをもらったら、
(よほど自分の書き込みがつまらなかったのか、相手の女性が鬱状態にでも入っていて、落ち込んでいるんだろう)と考え、私だったら、申し訳なくて2度と書き込まない。
 勿論、女性としても、場を暗くしようと思ってこういう文章を書いているわけではないと思うが、もし、コミュニケーションを取っている相手に対して、少しでも気を遣う心があるならば、「。」と「・」は使い過ぎない方がいいだろう。その方が、確実に会話も弾むし、場も明るくなる。とは言え、気が乗らない相手に対してのレスはこの限りではないし、こういう文章が好きな人もいると思うので、決めつけることは出来ないが……。

目次へ

▲このページの先頭へ戻る