第7回目の法則 いつもは絶対誘いに乗ってこない女をデートに誘って見事に成功したとき、前日に確認の電話を入れると、「やっぱり用事が入っちゃって……」と断られる。


シチュエーション

 28歳の男(会社員)と同じ会社のOL(23歳)。男は、女を3カ月ぐらい前から好意を寄せていて、何度かデートに誘ったものの、芳しい返事はなかった。断られる理由は大抵の場合、「忙しい」である。だが、ある日、昼休みになんとなしに「今度海の方へドライブ行ってみないか?」と誘ったら、2分間ほどいろいろ言われた挙げ句「いいですよ」という返事。
 そしてドライブの前日、男は時間の確認のために嬉々として電話をかけた……。


「あ、もしもし、斉藤ですけど、美奈さんいらっしゃいますか?」

「あ、はい、わたしです」←なんとなしに、声が暗い

「あ、加藤さん? 斉藤です」←対照的に明るい

「はい」

「あのね、明日のことなんだけど」

「……あのー」

「え?」

「明日って、確かドライブに行く日でしたよね?」

「うん、そうだけど……」

「あのー、大変申し訳ないんですけど、急に用事が入っちゃって

「え、用事?」

「母が身体を悪くして、私が病院に連れて行かないといけないんです」←大抵、理由は深刻

「ああ……それじゃあ無理だね……」

「せっかく誘っていただいたのに、ごめんなさい」

「いや、しょうがないよ。それじゃまた、会社で」

「はい、本当にすいません。それじゃ……」

「はい、さようなら」

 よくある例だ。女の子は、特に思い入れのない相手との約束は、かなりドタキャン率が高い。
 特に迷っている場合、男が上の例のように電話なんかしちゃった日には、必ず、「やっぱ行かない」という方向で話を進めていく。
 とは言え、上の例はまだいいのだ。ちゃんと相手に断りを入れる形になっている。問題は下に書いたパターンである。とりあえず読んでいただきたい。


「あ、もしもし、斉藤ですけど、美奈さんいらっしゃいますか?」

「あ、はい、わたしです」

「あ、加藤さん? 斉藤です」

「はい」

「なにやってたの?」←本題に入る前に軽く

「いやあ、新しいプロジェクトの準備を家でやってました」

「え、加藤さんの担当の仕事って、そんなに大変だったの?」

「もう資料整理をここでやっておかないと、残業の連続になっちゃうので家でしないと」

「随分、忙しいんだねー」←なんとなく明日のことを言いづらくなる(罠にはまっている)

「もう、めちゃくちゃ忙しいですよ。明日も大変だー」←とうとう、ここで突き放す

「あ……そうだね……」←(あれ? ドライブは?)と思うが、言い出せない状態

「明日は、まず図書館行って、帰ってからワープロ打って……」←畳み込む

「それじゃあ、ドライブなんて行けない……よね?……」←かるーく口に出してみる

「え、斉藤さん、ドライブ行くんですか? 余裕ですね」←約束なんてなかったことになっている

「いや、そんな余裕じゃないよ」

「……あ、ちょっと親が呼んでいるんで、すいませんけど……」

「あ、はいはい、それじゃまた」

「はい、会社で」←もう自宅に電話すんなよ、と遠回しに

 このパターンは本当に最悪だ。あえて忘れているふりをして忙しいを連発しながら、約束自体をなかったことにするという方法である。
 女性からすると、結構迷って約束を受けてしまったわけであるが、なにかのきっかけ、たとえば友達から「え、あいつ? あいつはやめといた方がいいよー」と言われたという場合、友達の名前は当然出せないし、うまいドタキャン文句も思いつかない(ドタキャンしても一度話を受けている以上、再び誘われる可能性が高い。これではドタキャンしても意味がない)ので、このような方法を取る可能性がある。
 女性というのは、同性の友達に「あの男は嫌な奴だ」と吹き込まれると、特に嫌な目にあっていなくても「嫌な奴だ」と見てしまうことが多い。そうして、今回のように完全にシャットアウトしてしまうわけである。

目次へ

▲このページの先頭へ戻る